実習生・初期研修医の方へ

実習生の方へ

当院では看護師、精神保健福祉士及び作業療法士の実習生を受け入れています。職種毎の実習内容は以下のとおりです。

 

看護師


臨地実習では、各病棟において、受持患者を通して、既習の知識・技術を統合し、精神障害者への個別性に応じた看護を学んでいただいています。県内唯一の精神科救急病棟や医療観察病棟の見学も実施しています。

 

精神保健福祉士


県立の精神科病院ということもあり、県内ではなかなか体験することが出来ない精神科救急医療、アルコール・薬物依存症専門医療、そして医療観察法における指定入院・指定通院医療等の各種臨床現場において、精神保健福祉の視点から実習することが出来ます。

 

作業療法士


実習を行う学年により内容は異なりますが、診療参加型実習で行います。実習場所はデイケア、病棟作業療法、医療観察法病棟での作業療法と多岐に渡ります。

 

実習生の受入れ状況(令和2(2020)年度)

学校名職種学年学生数
栃木県立衛生福祉大学校本科看護師3年84
栃木県立衛生福祉大学校専科看護師2年・3年39
国立病院機構栃木医療センター附属看護学校看護師3年40
  マロニエ医療福祉専門学校福祉心理学科精神保健福祉士3年1
国際医療福祉大学医療福祉・マネジメント学科精神保健福祉士4年1
  165

(単位:人)

 

初期研修医の方へ

当院では月に1~2人の先生が初期研修をしています。急性期病棟から慢性期病棟、医療観察法の病棟まで様々な病棟での研修が可能です。どの科に進んでも役立つ精神科の知識をお伝えできるように尽力いたしますので、ぜひ当院での研修をご検討ください。

 

初期研修医の受入れ状況


  •  令和3(2021)年度   獨協医科大学病院 7名
  •  令和2(2020)年度   獨協医科大学病院 5名   国際医療福祉大学病院 1名