入院中の食事について

入院中のお食事は、患者さんの病状や体格に合わせた栄養量の食事を提供しています。喫食状況や嚥下機能にも配慮し、食べやすいお食事をご用意します。

お食事は、規則正しい生活を送っていただけるよう、決まった時間に提供します。

温かい料理は温かく、冷たい料理は冷たく召し上がっていただけるよう、当院では、病棟の配膳室で盛り付けを行う「病棟配膳」方式で提供しています。(医療観察法病棟は温冷配膳車を使用しています。)

 

提供時間      朝食:7時30分 昼食:12時 夕食:18時

食事の種類  常食、軟菜食、流動食、潰瘍食、エネルギーコントロール食、塩分制限食 等

入院生活に潤いを感じていただくために、季節の食材を用いた行事食を提供します。

 

主な行事食

1月:お正月(おせち料理)、七草粥

2月:節分、初午(お赤飯、しもつかれ)

3月:桃の節句(ちらし寿司)

4月:お花見御膳(季節の食材の料理)

5月:端午の節句(和菓子)

6月:県民の日(県産の食材の料理)

7月:七夕(そうめん)

8月:土用の丑の日(うなぎ)

9月:十五夜(栗ご飯)

10月:十三夜(きのこご飯)

11月:七五三(お赤飯)

12月:冬至(かぼちゃ料理)、クリスマス(チキン、ケーキ)、年越しそば

 

1月 お正月             

 

2月節分

 

8月 土用の丑の日                 

         

12月 クリスマス  

 

栄養指導について

当院で治療されている患者さんで、食事療法が必要な方を対象に栄養指導を行っています。

詳しくは、「栄養科をご覧ください。