お知らせ

重要 お知らせ

地方独立行政法人への移行について

栃木県立岡本台病院は4月1日から地方独立行政法人栃木県立岡本台病院として新たにスタートしました。

栃木県立岡本台病院は、昭和34(1959)年の開院以来、地域精神医療の基幹病院として、外来、入院診療による一般的な精神医療はもとより、精神科救急医療、アルコール・薬物等依存症医療、医療観察法医療といった専門的な医療にも取り組み、栃木県における精神医療の向上、発展に努めてまいりました。

近年は、更なる高齢化の進展、自然災害の頻発・激甚化、新型コロナウイルス感染症の感染拡大などの社会環境の変化に加え、入院医療から地域生活への移行、働き方改革への対応など、精神医療を取り巻く環境が大きく変化しています。こうした環境の変化に迅速に対応し、高度で専門的な精神医療を安定的に県民の皆様に提供し続けていけるよう、当院は「地方独立行政法人」に移行しました。

地方独立行政法人の特長を十分に活かして、今後とも県民の皆さまから頼りにされる精神科病院を目指してまいりますので、よろしくお願い申し上げます。


 

地方独立行政法人栃木県立岡本台病院理事長 増井 晃